全道の飲食店等に対する営業時間短縮等の要請概要及び支援金について

 北海道における「まん延防止等重点措置」が、令和4年1月27日(木)から2月20日(日)まで適用されます。飲食店等の事業者の皆様にも下記のとおり要請されておりますので、ご確認ください。

要請の概要・支援金に関する詳しい情報は北海道専用WEBよりご確認下さい
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kks/kyuugyouyousei.html


要請概要

  1. 要請期間
    令和4年1月27日(木)~同年2月20日(日)
    ※遅くとも1月29日(土)から要請に応じる事

  2. 対象地域
    北海道全域

  3. 対象施設
    飲食店
     ➡飲食店(居酒屋含む)、喫茶店等
    遊興施設
     ➡キャバレー、カラオケボックス等で飲食衛生法上における飲食店営業許可を受けている店舗及び引照点営業許可を受けていないカラオケ
    結婚式場
     ➡食品衛生法上における飲食店営業許可を受けている結婚式場

  4. 要請内容
    【北海道飲食店感染防止対策認証制度の認証店】

    ・以下のいずれかを選択(当初の選択は変更不可)
     ①営業時間:5時~21時まで、酒類提供:11時~20時まで
     ②営業時間:5時~20時まで、酒類提供:終日停止

    【上記以外の飲食店等】
     営業時間:5時~20時まで、酒類提供:終日停止

    【認証店・非認証店共通】
    ・同一グループの同一テーブルへの入店案内を4人以内とする。


飲食店等へのお願い

  • 【北海道飲食店感染防止対策認証制度の認証店】(営業時間は5時から21時まで、酒類提供は11時から20時までとするか、または、営業時間は5時から20時まで、酒類提供(利用者による酒類の店内持込を含む)を行わないこととしてください。

  • 【上記以外の飲食店等】営業時間は5時から20時まで、酒類提供(利用者による酒類の店内持込を含む)を行わないでください。

  • 同一グループの同一テーブルへの入店案内を原則4人以内としてください。
    ※対象者全員検査及びワクチン・検査パッケージ制度の適用を行わない。

  • 業種別ガイドラインや感染防止対策チェックリスト項目を遵守してください。

  • カラオケ設備の提供を行う場合、利用者の密を避ける、換気の確保等、感染対策の徹底を行ってください。

  • 感染防止の取組をアピールできる北海道飲食店感染防止対策認証制度の認証取得に取り組んでください。(協力依頼)
※要請にご協力いただいた事業者には、支援金が支給される予定です。詳細は情報が入り次第お知らせします。

 


 北海道から事業者の皆様へお知らせ
  • 業種別ガイドライン【リンク】を遵守してください。

  • 職場においては、感染防止のための取組や「三つの密」等を避ける行動を徹底する。特に職場での「居場所の切り替わり」(休憩室、更衣室、喫煙室等)に注意してください。また、「感染リスクが高まる「5つの場面」」を避ける行動を徹底してください。(協力依頼)

  • 職場への出勤等について、人の流れを抑制する観点から、在宅勤務(テレワーク)の活用や休暇取得の促進等により、出勤者数の削減の取組を推進するとともに、接触機会の低減に向け、職場に出勤する場合でも時差出勤等を強力に推進してください。 (協力依頼)

  • 道民生活・道民経済の安定確保に不可欠な業務を行う事業者及びこれらの業務を支援する事業者においては、「三つの密」を避けるために必要な対策を含め、十分な感染防止策を講じつつ、感染者や濃厚接触者が発生し、欠勤者が多く発生する場合においても、事業の特性を踏まえ、業務を継続してください。(協力依頼)

  • 事業活動への影響を最小限に抑え、迅速な事業の再開を目指す「事業継続計画(BCP)」の点検、策定など、事業継続に支障が起きないための準備に取り組んでください。(協力依頼

(参考)

このブログの人気の投稿

網走市 営業継続支援金のお知らせ(給付額が20万円に増額されました)

北海道 まん延防止等重点措置協力支援金について

網走市:「営業継続支援金」申請受付開始のお知らせ