投稿

小規模事業者持続化補助金(令和2年度補正予算/コロナ特別対応型)(令和元年度補正予算/一般型)

イメージ
令和2年度補正予算(コロナ特別対応型) 新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境整備)に取り組む小規模事業者等が、地域の商工会議所、商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用2/3または3/4が補助されます。(補助上限額100万円)さらに、業種ごとのガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組(事業再開枠)を行う場合は、定額補助・上限50万円上乗せされます。 加えて、クラスター対策が特に必要と考えられる業種「特例事業者」には、さらに50万円上乗せが可能です。

補助対象事業 補助対象経費の6分の1以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資であること。
A:サプライチェーンの毀損への対応
B:非対面型ビジネスモデルへの転換
C:テレワーク環境整備 策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等(生産性向上)のための取り組みであること。
生産性向上のためのガイドライン(経済産業省)商工会議所・商工会の支援を受けながら取り組む事業であること など。参考情報 コロナ特別対応型専用WEB【小規模事業者持続化補助金WEB】公募要領・申請書ダウンロード【小規模事業者持続化補助金WEB】 手続き期限等 第3回受付締切 2020年8月7日(金)【郵送必着】第4回受付締切 2020年10月2日(金)【郵送必着】


令和元年度補正予算(一般型) 小規模事業者等が、地域の商工会議所または商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3が補助されます。(補助上限額50万円)さらに、業種ごとのガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組(事業再開枠)を行う場合は、定額補助・上限50万円上乗せされます。
補助対象事業 策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等(生産性向上)のための取組であること。
生産性向上のためのガイドライン(経済産業省)商工会議所・商工会の支援を受けながら取り組む事業であること など。 参考情報 一般型専用WEB【小規模事業者持続化補助金WEB】公募要領・申請書ダウンロード【小規模事業者持続化補助金WEB】手続き期限等 第3回受付締切 2020年10月2日(金)【最終日当日消印有効】第4…

国‐持続化給付金 法人200万円・個人100万円

新型コロナウイルス感染症の影響により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者のための事業全般に広く使える給付金が支給されます。また支援対象においても拡大されておりますのでご確認ください。
法人「200万円」個人事業「100万円」
対象者【対象事業者が拡大】 NEW! 対象者要件【持続化給付金事務局WEB】
リーフレット【PDF】
申請サポート会場のお知らせチラシ 本申請は、WEBサイトからの電子申請を基本としており、電子申請の方法ができない方を限定して、申請サポート会場にて入力代行サポートを行います。
開設日時/令和2年5月22日(金)9:30~開設場所/網走産業会館3階会議室補助申請書ダウンロード
円滑な入力作業を行うため、「申請補助シート」にご記入の上ご来場ください。 法人‐申請補助シート【PDF】法人-記入例【PDF】個人-申請補助シート【PDF】個人-記入例【PDF】主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等-申請補助シート【PDF】主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等-記入例【PDF】 申請サポート会場-電話予約窓口
(オペレーター対応) 予約電話番号/0570-077-866
(受付時間:平日、土日祝日ともに9時~18時)会場コード/「0112」
※電話予約には会場コードをお伝えください。 ※申請サポート会場の利用には事前の「来訪予約」が必要です。予約後ご来場下さい。 ※会場では、申請に関する相談は受け付けておりません。 ※申請に個人のメールアドレスが必要ですので、携帯電話をお持ちの方はご持参ください。

網走商工会議所において、事前相談窓口を設置しております。お気軽にご相談ください。
申請要領等【持続化給付金事務局PDF】 主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者向け【PDF】中小法人等向け【PDF】個人事業者等向け【PDF】
持続化給付金-関連リンク 持続化給付金 WEBサイト(中小企業庁WEB)申請受付(中小企業庁WEB)申請要領【中小法人等事業者向け:PDF】申請要領【個人事業者向け:PDF】パンフレット【PDF】資料ダウンロード(中小企業庁WEB)

あばしり自宅で満喫プロジェクトのご案内

イメージ
当所では新型コロナウイルス感染症により地域の経済活動が著しく停滞している状況を鑑み、販路開拓支援策として「あばしり自宅で満喫プロジェクト」(通販サイト事業)を実施いたします。 本事業の実施にあたり事業説明会を下記により開催しますので是非ご活用ください。

ダウンロード 事業概要書【PDF】
事業者向け説明会資料(6/23)【PDF】事業参加申込書【PDF】
申込フォーム【こちらから申込が行えます】
事業者向け説明会【開催終了】 日時/令和2年6月23日(火)午後2時場所/網走セントラルホテル(2階 鳳凰の間)資料/「事業者向け説明会資料(6/23)」【PDF】
お問合せ 網走商工会議所 
〒093-0013 網走市南3条西3丁目(網走産業会館2階)
TEL(0152)43-3031  FAX(0152)43-6615

網走市‐プレミアム付き商品券 取扱事業者の募集

イメージ
網走市では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う地域経済への影響に対して、市内の消費喚起を目的に「プレミアム付き商品券」の発行を予定し準備を進めているところです。早期の実施に向けて、取り扱いを希望する事業者の取りまとめを行うこととしました。 登録申請の詳細は、下記によりご参照の上、申請書を当所までご提出ください。 ダウンロード 商品券事前登録お知らせ文書【PDF】商品券登録申請書【PDF】お問合せお申し込みは、網走商工会議所 総務課(☎0152-43-3031)まで。

網走市‐営業継続支援金

イメージ
対象要件 市内に本社が所在する法人又は代表者の住所が市内にある個人事業者市内に店舗、作業所、事務所などを有していること(賃貸も可)2019年の事業収入(売上)があること2020年1月から12月の期間で、事業収入が前年同月比で30%以上減少している月があり、その減少額が10万円以上又は年間で10万円以上の減少が見込まれること
年間の減少見込み算式
前年の総売上(事業収入)-(30%以上減少した月の売上 × 12ヶ月) 対象業種 建設業、鉱業、製造業、情報通信業、運輸業、卸売業、小売業、物品賃貸業、学術研究、専門・技術サービス業、生活関連サービス業、娯楽業、教育・学習支援業、医療・福祉・サービス業(一部を除きます) 分類は日本産業分類によります。複数の業種を経営している場合は、最も売上が多い事業で判断します。保険業、不動産業については、一部対象となる場合がありますので、ご相談ください。【6/23追記】対象外業種 農林漁業、電気、金融業、保険業(一部対象)、不動産業(一部対象)、宿泊・飲食サービス、 複合サービス(郵便局、協同組合)、サービス業(政治・経済・文化団体、宗教)
その他の支援金等との重複受給  重複受給可能な支援金
国の持続化給付金
北海道の休業協力・感染リスク低減支援金
網走市の休業要請協力支援金

重複受給が認められない支援金
×網走市の宿泊施設・交通事業者支援金
×網走市の社交飲食店支援金(特例あり
「社交飲食応援お食事券」事業で登録された社交飲食店以外に、市内に別の 店舗を有し、飲食サービス以外の業種を経営し、対象要件を満たす場合は、 重複して受給ができます。
申請先(相談・申請書提出先)
網走商工会議所 【平日10:00~16:00】
〒093-0013 網走市南3条西3丁目(網走産業会館2階)
TEL(0152)43-3031  FAX(0152)43-6615 
※申請期限は令和3年2月末頃まで(予定)
必要書類 一般の方
申請書類には押印と振込先口座番号などの記入が必要になります。  国の持続化給付金を受給された方
申請書類には押印と振込先口座番号などの記入が必要になります。 市のセーフティネット保証等を受けた方又はマル経融資を利用された方で事業収入が前年同月比30%以上減少している方
※この対象の方は、市又は商工会議所にて既に状況を確認しております。
 市から申請書類を送付します…

網走市‐緊急対策支援

イメージ
新型コロナウイルスに係る政府の緊急事態宣言の対象地域拡大、北海道の休業等要請などの状況を踏まえ、深刻な影響を受けている市内の事業者及び北海道の休業等要請に協力する事業者の方へ支援金が給付されます。

支援金①/社交飲食店への支援金【網走市HPリンク】
お食事券取扱事業者に関する詳細・登録申込について 「社交飲食応援お食事券」登録要綱、登録申込申請書ダウンロード登録申請書の提出は、網走商工会議所(〒093-0013網走市南3条西3丁目/FAX:0152-43-6615)まで。 事業者登録がお済みで、1回目の支援金をまだ受給されていない方は、既に請求に必要な書類を郵送しておりますので、内容を確認の上、網走市にご提出ください。
市民等へのお知らせ お食事券の詳細【網走市HPリンク】
プレミアム「社交飲食応援お食事券」は完売しました。お食事券チラシ【PDF】取扱店一覧表【PDF】*令和2年6月10日現在(226店舗)  (ダウンロード
支援金②/休業等要請の協力事業者への支援金【網走市HPリンク】 北海道の休業要請に対して、休業などに取り組み、北海道から支援金20万円、または10万円を受給した協力事業者の方が対象です。
支援金③/宿泊施設及び交通事業者への支援金【網走市HPリンク】 新型コロナウイルス感染症の拡大した本年2月以降、当市における観光客は激減しており、4月には緊急事態宣言が全都道府県に発令され、各業種に対する休業要請が行われたことにより、宿泊施設、交通事業者はさらに厳しい状況となっていることから、本事業において、宿泊施設、交通事業者へ営業継続のための支援金を支給します。 支援金④/営業継続支援金について【網走市HPリンク】 新型コロナウイルス感染症の拡大により、影響を受けている市内事業者で、事業収入が前年同月比で30%以上減少している月があり、その減少額が10万円以上又は年間で10万円以上の減少が見込まれる場合に一律10万円の支援金が給付されます。 営業支援金に関する関連サイト【網走商工会議所HPリンク】 

緊急対策・支援金に関するお問合せ先 ☝支援金①「社交飲食店への支援」 社交飲食応援お食事券の事業者登録に関すること/網走商工会議所TEL:0152-43-3031)支援金に関すること/網走市商工労働課TEL:0152-44-6111(292・339)☝支援金②「休業要請の協力事業者への支援」 …

道‐経営持続化臨時特別支援金 10万円・5万円

イメージ
北海道において、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と事業継続に取り組まれる事業者の皆様の支援に向けた新たな支援金制度の申請受付がスタートしました。
(5/29版チラシ)
支援金A/支給額10万円 休業要請等の対象であって、北海道の休業要請等(5/16~)にご協力いただいた事業者の皆様が対象  対象施設の休業にご協力いただいた事業者酒類を提供する上記1を除く飲食店において、道の要請を受け、酒類の提供時間短縮(19時まで)にご協力いただいた事業者上記1.2のいずれかに加え「新北海道スタイル安心宣言の取り組みを実践すること」
支援金B/支給額5万円 北海道の休業要請等の対象外の事業者の皆様が対象  休業要請等の対象外だが、長期間の外出自粛や自主的な休業等によりひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している、国の持続化給付金を受給する事業者※基本的に国の持続化給付金の支給対象者が対象となります。(持続化給付金は令和元年12月末までに開業した方が対象ですが、本支援金では特例として令和2年1月から3月末までに開した方も対象となります。)上記1に加えて、「新北海道スタイル安心宣言の取り組みを実践すること」(注)支援金A・Bの両方を受け取ることはできません。
申請方法・手引 申請書ダウンロード【pdf】申請書(別紙)ダウンロード【pdf】誓約書ダウンロード【pdf】申請の手引き【pdf】申請に必要な書類
申請期限 支援金A/令和2年5月29日(金)~令和2年8月31日(月)支援金B/令和2年5月29日(金)~令和3年1月31日(日)申請書等の郵送先 〒063-8691 札幌西郵便局 郵便私書箱 第39号 北海道 経営持続化臨時特別支援金 事務局 電子申請(申請画面リンク  5 月 29 日(金)15 時 から受付開始です。
(参考サイト) 北海道経済部ホームページ新型コロナウイルス感染症に係る休業要請等の対象施設一覧(5/16以降)