投稿

5月, 2020の投稿を表示しています

網走市‐緊急対策支援

イメージ
新型コロナウイルスに係る政府の緊急事態宣言の対象地域拡大、北海道の休業等要請などの状況を踏まえ、深刻な影響を受けている市内の事業者及び北海道の休業等要請に協力する事業者の方へ支援金が給付されます。

支援金①/社交飲食店への支援金【網走市HPリンク】
お食事券取扱事業者に関する詳細・登録申込について 「社交飲食応援お食事券」登録要綱、登録申込申請書ダウンロード登録申請書の提出は、網走商工会議所(〒093-0013網走市南3条西3丁目/FAX:0152-43-6615)まで。 事業者登録がお済みで、1回目の支援金をまだ受給されていない方は、既に請求に必要な書類を郵送しておりますので、内容を確認の上、網走市にご提出ください。
市民等へのお知らせ お食事券の詳細【網走市HPリンク】
プレミアム「社交飲食応援お食事券」は完売しました。お食事券チラシ【PDF】取扱店一覧表【PDF】*令和2年6月10日現在(226店舗)  (ダウンロード
支援金②/休業等要請の協力事業者への支援金【網走市HPリンク】 北海道の休業要請に対して、休業などに取り組み、北海道から支援金20万円、または10万円を受給した協力事業者の方が対象です。
支援金③/宿泊施設及び交通事業者への支援金【網走市HPリンク】 新型コロナウイルス感染症の拡大した本年2月以降、当市における観光客は激減しており、4月には緊急事態宣言が全都道府県に発令され、各業種に対する休業要請が行われたことにより、宿泊施設、交通事業者はさらに厳しい状況となっていることから、本事業において、宿泊施設、交通事業者へ営業継続のための支援金を支給します。 支援金④/営業継続支援金について【網走市HPリンク】 新型コロナウイルス感染症の拡大により、影響を受けている市内事業者で、事業収入が前年同月比で30%以上減少している月があり、その減少額が10万円以上又は年間で10万円以上の減少が見込まれる場合に一律10万円の支援金が給付されます。 営業支援金に関する関連サイト【網走商工会議所HPリンク】 

緊急対策・支援金に関するお問合せ先 ☝支援金①「社交飲食店への支援」 社交飲食応援お食事券の事業者登録に関すること/網走商工会議所TEL:0152-43-3031)支援金に関すること/網走市商工労働課TEL:0152-44-6111(292・339)☝支援金②「休業要請の協力事業者への支援」 …

道‐経営持続化臨時特別支援金 10万円・5万円

イメージ
北海道において、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と事業継続に取り組まれる事業者の皆様の支援に向けた新たな支援金制度の申請受付がスタートしました。
(5/29版チラシ)
支援金A/支給額10万円 休業要請等の対象であって、北海道の休業要請等(5/16~)にご協力いただいた事業者の皆様が対象  対象施設の休業にご協力いただいた事業者酒類を提供する上記1を除く飲食店において、道の要請を受け、酒類の提供時間短縮(19時まで)にご協力いただいた事業者上記1.2のいずれかに加え「新北海道スタイル安心宣言の取り組みを実践すること」
支援金B/支給額5万円 北海道の休業要請等の対象外の事業者の皆様が対象  休業要請等の対象外だが、長期間の外出自粛や自主的な休業等によりひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している、国の持続化給付金を受給する事業者※基本的に国の持続化給付金の支給対象者が対象となります。(持続化給付金は令和元年12月末までに開業した方が対象ですが、本支援金では特例として令和2年1月から3月末までに開した方も対象となります。)上記1に加えて、「新北海道スタイル安心宣言の取り組みを実践すること」(注)支援金A・Bの両方を受け取ることはできません。
申請方法・手引 申請書ダウンロード【pdf】申請書(別紙)ダウンロード【pdf】誓約書ダウンロード【pdf】申請の手引き【pdf】申請に必要な書類
申請期限 支援金A/令和2年5月29日(金)~令和2年8月31日(月)支援金B/令和2年5月29日(金)~令和3年1月31日(日)申請書等の郵送先 〒063-8691 札幌西郵便局 郵便私書箱 第39号 北海道 経営持続化臨時特別支援金 事務局 電子申請(申請画面リンク  5 月 29 日(金)15 時 から受付開始です。
(参考サイト) 北海道経済部ホームページ新型コロナウイルス感染症に係る休業要請等の対象施設一覧(5/16以降)


道‐休業支援金/法人30万円・個人20万円・酒類提供時間短縮飲食店10万円

イメージ
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和2年4月25日(土)から5月15日(金) までの期間、休業等の要請にご協力いただき、感染リスクを低減する自主的な取組を行う事業者に対し、支援金が支給されます。
法人「30万円」個人「20万円」 *酒類を提供する飲食店において、酒類提供時間を19時までに短縮した場合は「10万円」
【申請に関する情報】
北海道「休業協力・感染リスク低減支援金」(北海道経済部HP)申請書の手引き【申請受付要綱(PDF)】5/15版支援金申請書【PDF】-記載例【PDF】誓約書【PDF】-記載例【PDF】5月15日からの申請方法について【PDF】【休業要請等の対象施設一覧】*5/16から
基本的に休止を要請する施設【PDF】基本的に休業要請を行わない施設(適切な感染防止対策の協力を要請)【PDF】【申請書の郵送先】
5月15日(金)から申請書の郵送先が変わりますのでご注意ください。〒060-8791(住所不要)北海道 休業協力・感染リスク低減支援金事業運営事務局 


新型コロナウイルス感染症の影響による納付猶予

感染症の影響により、納付等が困難となった事業主等に対する各種納付猶予に関する情報をお知らせいたします。制度毎に申請が伴うもののあいますため、随時参考サイトをご確認下さい。

【厚生年金保険料等】(日本年金機構HP)*5/17現在
リーフレット【PDF】 【国税等】(国税庁HP)*5/17現在
リーフレット【PDF】 【労働保険料等】(厚生労働省HP)*5/17現在
リーフレット【PDF】 【網走市税・国民健康保険料の徴収の猶予】(網走市HP)*5/17現在



マル経融資-新型コロナウイルス対策

イメージ
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた小規模事業者向け融資制度が創設されました。
限度額/3,000万円
(無担保・無保証・低金利0.31%)※既存マル経資金上限を加算した金額 融資期間/運転資金7年以内(据置3年以内)設備資金10年以内(据置4年以内) 融資対象/小規模事業者 必要書類 確定申告書・決算書2期分(決算6ヶ月以上経過の場合は最近の試算表)法人の場合は登記事項全部証明書設備資金併用申し込みの場合、見積書、契約書等法人税・事業税・法人住民税の領収書または納税証明書、許認可証
新型コロナ対策 利子補給制度 新型コロナウイルス感染症により経営に影響を受けている小規模事業者を対象に、日本政策金融公庫のマル経融資(小規模事業者経営改善資金融資)の利子(現行利率1.21%)全額を網走商工会議所・網走市が補助します。
【補助対象者】
網走商工会議所の会員であり、直近年度の年会費を完納していること。新型コロナウイルス関連肺炎の発生による直接的又は間接的な影響を受けている小規模事業者であって、最近1ヶ月間の売上高が前年同期に比べ5%以上減少しており、かつ、その後2ヶ月間の売上高等が前年同期比で5%以上減少することが見込まれるもの。【補助金額】
元金据置期間を含む返済第1回から12回までの支払利子額の利率1.21%(現行利率)に相当する分(補助上限10万円)利子補給制度のご利用は、取扱期間中1事業所(1個人)につき1回のみです。融資の目的が設備資金のみの場合は利子補給制度を利用できません。 【制度運営にあたり】
利子補給制度の財源は網走商工会議所・網走市が1/2ずつ負担します。【利子補給制度の取扱期間】
当所が令和2年3月4日から令和2年8月30日までに斡旋・推薦した案件。
お問合せは、当所相談所(TEL/0152-43-3031)まで。
関連サイト 新型コロナウイルス関連「マル経融資」(日本政策金融公庫)

雇用調整助成金

イメージ
感染症の影響を受ける事業主の支援に向け、4月1日~6月30日の緊急対応期間中は、全国すべての業種の事業主を対象に、本助成金の特例措置が実施されています。
【関連サイト】
雇用調整助成金専用サイト(厚生労働省HP)算定簡略・申請簡素化リーフレット【PDF】*5/14